食べて吐くダイエットは危険!無理なく4キロ落とせる簡単な方法紹介

食べて吐くダイエットは危険!無理なく4キロ落とせる簡単な方法紹介

食べて吐くダイエットはハッキリ言って何も意味がありません。

 

 

 

それなら食べない方がまだマシです。胃や食道に対してマイナスの負担がかなりかかります。

 

 

ダイエットをした最大の要因は愛人を作る為の肉体改造でした。何度も愛人関係契約を考えるなら↓がおすすめ。

 

 

愛人契約NICE

 

 

愛人契約をするなら上のサイトが非常におすすめですね。

 

それは体重が痩せているわけではなく、食べたものを単純に吐いただけの結果です。ダイエットをする多くの目的は見た目を変える為だと思います。

 

 

見た目を変えるためには本当に意味のあるダイエットをしなければいけません。
きちんとステップを踏めば無理なく吐くことをしないで痩せることは十分可能です。

 

 

だからこそ吐いて痩せるダイエットは絶対的におすすめはしません。

 

 

私は幼い頃からピアノを習っていて学校のクラブでも吹奏楽部に入っていたくらいですから、元々が音楽好きなのだと自分で思います。
ピアノはすぐにやめてしまいましたが、高校生の頃には地元の市民オーケストラにも入団し、ますます音楽漬けの日々となりました。

 

 

 

そのまま大人になり、結婚して子供も生まれました。

 

 

私が音楽をやっている姿を見てなのか、子供が小学校に入る頃には自分から『ピアノを習いたい』と言い出しました。
子供がピアノに通いだした最初の発表会では先生に『お母さんも音楽をされているならご一緒に出て頂けませんか?』とお誘いを受けました。私は自分の子供の曲の伴奏なら、と返事をしました。

 

 

 

それは吹奏楽やオーケストラでも言える事ですが、“自分一人で演奏しているのではなく、人と合わせる“という楽しさがありました。ピアノでは連弾と言われますが、技術的な上手い下手というものではなく、二人で呼吸を合わせる楽しさ、お互いが気持ちよく演奏できるための音をお互いが出している…そんな喜びがありました。

 

 

また、音楽を続けている私にとって贅沢な夢というのが“子供との共演”です。

 

 

ピアノの発表会の時もそうでしたが、子供が中学生になった時、子供も学校の吹奏楽部に入りました。
そしてその後、私の所属するオーケストラの演奏会に子供も誘われ、一緒にステージに上がる事ができました。楽器の配置もありますが、私の真横で子供が自分の楽器を吹いている。吹奏楽とオーケストラの違いに初めは戸惑っていた子供も、本番を迎えるころには“演奏する事が楽しい”と感じてくれていた。そして、横から自分の子供の音が聞こえてくる。それは、音楽をやり続けてきた私の最高の贅沢な夢が叶った瞬間でした。

 

 

その時に演奏した曲は、元々大好きな曲ではありましたが、私達親子にとっては忘れられない曲となりました。

 

 

その後は子供は受験などの理由でオーケストラを離れる事になってしまいましたが、今でも『お母さんはずっと続けていてほしい』と言ってくれています。

 

 

私自身もオーケストラを辞める事しか考えられない時期もありました。しかし、オーケストラをやめたら大好きな音楽そのものを辞めてしまう気がして、なんとなく続けていました。
今は、またいつか子供と共演できる日を密かに心待ちにしています。

 

 

 

大学時代にも吐いて痩せるんだと言っていた友人がいましたが、全く痩せることがなく1日試してみて終わる人がほとんどですね。